家づくりの豆知識

家づくりをする上で事前に知っておくと
良い情報をまとめました。

HOUSE DECOSについて

HOUSE DECOSの強みはなに?

HOUSE DECOSの強みは、高性能な住宅を作ることです。HOUSE DECOSは、創業30年以上を誇る住宅の工事会社「 (有)東海建工(http://www.tk-eco.jp/) 」により運営されており、数多くの施工実績で培った確かな知識と技術力で、高品質な材料選びと正確な施工を行い、高性能な家づくりを実現しています。また、家の性能を高めることで、光熱費やリフォーム修繕費を減らすことができるので、長期的に見て財布に優しい家づくりにもつながります。

HOUSE DECOSはどうして安く家を作れるの?

HOUSE DECOSは、創業30年以上を誇る住宅の工事会社「 (有)東海建工(http://www.tk-eco.jp/) 」により運営されています。他の工務店と違い、下請け工事も自分達で施工することが出来るため、外注費用を削減することが出来ます。また、大手のハウスメーカーと違い、広告費をかけていないため、安くて品質の高い家をつくることが出来ます。

お金・節約について

住宅のランニングコストを抑えるにはどうすればいい?

住宅のランニングコストには主に、水道・光熱費、リフォーム修繕費などがあります。水道・光熱費を抑えるには、断熱性が高くエアコンを使わなくても年中快適に過ごせるような家を作ることや、太陽光パネルを設置して電力をまかなうといった方法があります。また、リフォーム修繕費を抑えるには、後からリフォームによる追加費用がかからないよう、長持ちする材料を選ぶなどの工夫が大切です。

家を建てる際に活用できる補助金にはどういうものがあるの?

1つ目は、「すまい給付金」です。収入が775万円以下であれば、最大50万円の給付金を受けることが可能です。2つ目は、「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金」です。ZEH(ゼッチ)とは、ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、省エネ性とエネルギーの生産性に特化した住宅のことです。設置するシステムや条件を満たし、消費エネルギーの削減と新たなエネルギー生産の結果、年間のエネルギー量がプラスマイナスゼロ以下である場合、補助金が受けられます。

他にも、ケースに応じて適用できる補助金がいくつかあります。お客様の状況にあわせた補助金のご提案を致しますので、詳しくは、HOUSE DECOSのファイナンシャルプランナーにお尋ね下さい。

住宅ローン減税ってなに?

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうち、いずれか少ない方の金額の1%が13年間に渡り所得税の額から控除されます。また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。

詳しい適用条件や、控除額の計算方法は、HOUSE DECOSのファイナンシャルプランナーまでお尋ね下さい。

フラット35のメリットはなに?

フラット35は、住宅金融支援機構が提供する最長35年の住宅ローンです。メリットは大きく4つあります。1.ずっと固定金利の安心 2.多彩なメニューで安心の住まいづくりを応援 3.保証人不要、繰上返済手数料不要 4.ご返済中も安心サポート(団信など)

詳しくは、住宅金融支援機構のホームページを確認するか、HOUSE DECOSのファイナンシャルプランナーにお尋ね下さい。

住環境について

断熱性ってなに?

断熱性とは、家の壁や床の熱の伝わりにくさを表す指標です。断熱性が高いと、室内を夏は涼しく、冬は温かく保つことができ、光熱費の節約になります。HOUSE DECOSは、断熱性の高いセルロースファイバーを壁面に入れることで、高断熱住宅を実現しています。

セルロースファイバーってなに?

セルロースファイバーとは、新聞紙をリサイクルした天然の木質繊維の断熱材です。1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しており、熱や音を伝えにくくします。高い断熱性能はもちろん、撥水・防熱・防カビ・防錆・遮音・吸音・吸、放湿性などあらゆる面で優れた素材です。HOUSE DECOSでは、セルロースファイバーを使った数多くの施工実績があります。

パッシブエアコンを使うとどうして快適になるの?

パッシブエアコンは、通常のエアコンと違い、家の小屋裏に設置され、家全体の空気を循環させます。「暖かい空気は下から上に移動し、冷たい空気は上から下に移動する」という熱の原理を利用して、冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房することで、屋内の温熱環境を一年中快適に維持することができます。

エコキュートのメリットはなに?

エコキュートとは、ヒートポンプにより空気の熱を利用して、お湯を沸かすことができる給湯機のことです。ガスではなく電気を活用するので、省エネ性能にも優れ、光熱費を抑えることが出来ます。災害時に電気や水道が止まってしまったときでもしばらくは水を使用することができるのも魅力です。最初の設備費用は高いので、予算と相談して導入を検討しましょう。

Low-E複層ガラスってなに?

Low-E複層ガラスは、窓ガラスの中でも断熱性に優れたガラスで、単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。 Low-Eというのは、「低放射」という意味で、放射熱による熱の伝わりを軽減出来ます。複層というのは、2枚のガラスを使うという意味で、中空層とガラス内側にある金属のコーティングにより、熱の伝わりを軽減します。

家づくり全般について

長持ちする家をつくるためにはどうすればいい?

家を長持ちさせるためには、「シロアリ予防対策」と「結露対策」の2つが大切です。家を支える柱や梁が、シロアリによって部分的に食べられたり、結露によって腐ってしまうと、十分な家の構造強度が失われ、地震の際に倒壊してしまう恐れが生じます。HOUSE DECOSでは、シロアリ対策として、JTBA(日本ホウ酸処理施工協会)の認定施工士によるホウ酸処理を行います。また、結露が生じにくいような空調設備や壁の材料選びを致します。これらを徹底することで、長期にわたって健康であり続ける家を実現いたします。

土地探しのコツは?

1つ目は、周辺環境です。日当たりは良好か、近くにスーパーなど生活に必要なものはあるか、交通の便はどうかなどを総合的に判断しましょう。2つ目は地盤チェックです。埋め立て地で大きな地震があると地盤が液状化しやすく、地下水が通っているところでは地盤沈下が起こりやすくなります。3つ目は、建ぺい率・容積率です。土地の大きさに対して建てられる家の大きさの制限があるため、事前に確認が必要となります。

土地選びを上手に行うためには、プロと一緒に土地を選ぶのが一番です。その土地にどのような建物が建つのかなどの具体的イメージを描ける専門家と一緒に土地を選びましょう。間取りや設備は、リフォームにより後から変更できますが、周辺環境や用途地域はどうすることもできません。HOUSE DECOSでは、無料で土地探しのサポートも行っていますので、お気軽にご相談下さい。

理想のデザインを実現するにはどうすればいい?

まずは、あなたの理想の暮らしに合わせたコンセプトを決めましょう。次に、あなたのイメージに合った設計の実績を持つ建築士を探し、設計の依頼をします。デザインのプロである設計士と、施工のプロであるHOUSE DECOSのそれぞれの強みを活かし、理想の家を実現致します。